口座振替のMVNO業者

格安SIMの支払い方法はクレジットカードのみのMVNO業者がほとんどですが、口座振替が可能な格安SIMもいくつかあるのも事実です。以下にクレジットカードがなくても口座引き落としできるMVNO業者をまとめてみました。

楽天モバイル

楽天モバイルは、月額利用料の支払い方法として2016年11月から口座振替を追加しました。

これまでの楽天モバイルの利用料は契約者本人名義のクレジットカードや、楽天銀行デビットカード、スルガ銀行デビットカードのいずれかに限られていたが、多くのユーザーから口座振替の要望が寄せられており、新たに口座振替に対応したそうです。

新規契約の場合は申込時に、すでに契約しているユーザーは、ユーザー専用サイトから口座情報の登録が可能で、口座振替の利用にあたり、毎月100円(税別)の手数料が請求されます。

口座振替が利用できるのは月額利用料のみで、端末代金の支払いには利用できません。

インターリンクLTE

インターリンクLTEでは、クレジットカード決済に加えて、NTTの「くらし快適サービス NTT tabalまるごと決済」または、「口座振替支払い」が選べます。

このためクレジットカードを持たない方でも手軽に利用することが出来ます。

NifMo(ニフモ)

@niftyの光回線やADSLを利用していて、月額料金の支払いに「tabal まるごと決済」(NTT東日本・NTT西日本・NTTドコモの料金と合算して請求)、「KDDI請求」(auケータイなどの料金と合算して請求)を使っていれば、NifMoの支払いも一緒にできます。

OCNモバイルONE

家電量販店やネット通販などでSIMパッケージを購入し、利用申し込みをする際にクレジットカード情報を入力せず、OCNの「カスタマーズフロント」に電話して口座振替の申込用紙を送ってもらいます。

この場合、口座振替の手続きが完了してからSIMカードが開通するため、利用開始までに通常よりも1ヵ月~2ヵ月程度がかかります。

ぷららLTE

ぷらら会員であれば口座振替が可能です。NTTの料金などと一緒にまとめて支払うことで銀行引き落としで払うことが出来ます。

ただ、ウェブからの申込みだと、クレジットカード支払いのみになってしまいます。口座振替を希望の方は、ぷらら入会センター(009192-150)に電話をして、新規申し込みする必要があります。

マイネオ

「eo光ネット」の支払い方法を口座振替で利用している方であれば、mineo(マイネオ)の支払いも口座振替を利用できます。口座振替にかかる手数料は無料です。

口座振替をすると手数料が200円前後取られるMVNO業者もあります。

トーンモバイル

トーンモバイルは、「店頭申し込み」のみ口座振替に対応しています。オンラインで申し込む場合は、支払い方法はクレジットカードのみとなります。

Y!mobile(ワイモバイル)

ワイモバイルの支払方法は、「口座振替」と「クレジットカード払い」とがあり、クレジットカードなしでも利用可能です。

口座振替可能な金融機関には、ゆうちょ銀行、都市銀行、地方銀行、インターネット銀行、農業協同組合などがあり、「ワイモバイル」ショップ店頭では、暗証番号入力により、キャッシュカードで即日口座振替手続きもできます。

支払い方法を変更したい場合は、インターネットから「クレジットカード」の登録や変更、申込書による「口座振替」への支払方法の変更も簡単です。

BIGLOBE LTE・3G

BIGLOBE LTE・3Gは、データ通信専用SIMのみ、口座振替で申し込み可能です。音声通話SIMは、Amazonなどのネット通販、イオン店頭などで販売されている、BIGLOBE LTE・3GのSIMパッケージを購入して申し込むと、クレジットカード払いになってしまいます

口座振替にするには、BIGLOBE LTE・3Gホームページから直接申し込むようにしてください。

So-net

So-netでは、郵送とウェブから口座振替を受け付けています。振替手数料が月額200円、請求明細書発行を希望するとさらに100円上乗せになるので、注意が必要です。対応可能な金融機関はSo-netの会員サポートページにある「口座振替」より確認できます。

エヌディエス「Tikimo SIM いちねん契約」

「Tikimo SIM いちねん契約」には、月払いと年払い2つの支払い方法があります。月払いはクレジットカードでの支払い限定ですが、年払いはゆうちょ銀行がコンビニ振込にも対応しています。

また、月払いは月間通信容量が1GB/3GB/5GB/7GBと選べるのに対し、年払いは月間通信容量が3GBまでで、1年分の利用料金を一括して支払うことになります。