格安SIMの通話品質は?

格安SIMの回線は、docomoやauと同じものが使われているので、通話の品質はdocomoやauとまったく同じものです。キャリアとの通話の品質と比較しても特に変わりがなく通話することができます。

繋がるエリアはキャリアと全く同じです。格安スマホを提供しているMVNEやMVNOなどの会社は、自社で回線設備を所有していません。そのため全て大手キャリアであるドコモやauから回線を借りてそれを再販しなければなりません。

ドコモの回線を借りているMVNOであれば、全国にあるドコモのネットワーク全てを利用することが可能です。サービス提供エリアは、ドコモと全く同じになりますので、繋がりにくいような場所が多くて困るという心配はありません。

多くの仮想移動体通信事業者(MVNO)はドコモなどの大手携帯電話会社のネットワーク設備を使っているので、通話品質は心配ありません。

回線はドコモと同じ

格安SIMは安いから通話の品質もキャリアに比べて一段劣るのではないかとの先入観を持ってしまいがちですが、品質はドコモなどの大手キャリアの回線を使っているので全く心配ありません。

どこの格安SIMも、NTTドコモなどの回線を間借りしています。サービス事業者がドコモから回線を借りて、それを切り売りしているので、回線品質はドコモなどのキャリアと同じなるので、品質が劣るわけがないのです。

では、ドコモなどの回線を借りているのに、なぜドコモより大幅に安くなるのか疑問に持つことでしょう。これには2つの理由があります。

一つ目が、借りてきた回線を切り売りする時に、安く売れるように1ユーザー当たりが使える通信容量に制限をかけています。1日単位や、1カ月単位などで通信容量を制限し、使う量を抑えて1人当たりのコストを低くしています。

これに対して大手キャリアの場合は、高画質動画を見続けるようなヘビーユーザーでも、あまりインターネットを使わないライトユーザーでも、通話料金以外はほぼ一律になっていて負担額は同じです。

2つの理由は、通信以外の部分にかかるコストが抑えているからでsy。大手キャリアは商品のカタログを作成したり、宣伝活動したり、キャッシュバックキャンペーンを行ったり、全国各地の店舗を維持してユーザーをサポートしたりと、これら全てのコストがかかってくると莫大になります。

こういったコストの出費が少ない格安SIMは、その分に料金下げることができるのです。

格安SIMの通話料金は?

通話品質は大手キャリアと同じですが、格安SIMの方が通話料が高くなってしまいます。これは、格安SIMには無料通話やかけ放題がないので、通話をたくさんすると通話料が高くなってしまいます。

格安SIMは、特定の量を借りているわけではないので、データ通信のように通信量を減らして安くするなどの工夫が取れません。それによりキャリアと同じように無料通話を提供することが難しくなり、通話料が高くなってしまいます。

最近では通話に力を入れる格安SIMも増えていますが、多くはIP電話などデータ通信を利用することで安価な通話を提供しているので、080などから始まる電話はまだ高い傾向にあります。

050などのIP電話は通話品質が劣っている

IP電話はインターネットを利用した電話通信サービスのことです。インターネットを利用することで格安での通信を可能としているサービスです。

一般的には050から始まる番号を利用し、電話をかけることが可能です。「050plus」といったサービス名で様々な会社から提供されている。格安SIMから利用できるIP電話では10円/30秒程度で通話が可能となっています。

050plusやLaLa callといった050番号を利用するIP電話は、どこのMVNOでも利用可能ですが、IP電話は、回線が通常の音声通話と較べると少し劣っています。

遅延が発生したり、音質が悪かったりというケースが見られます。