キャリアメールが使えない

キャリアメールとは、ドコモで言えば「~@docomo.ne.jp」のメールアドレスの事です。auは「~@ezweb.ne.jp」ソフトバンクは「~@softbank.ne.jp」で、格安SIMに乗り換えると、これらのキャリアメールも使えなくなってしまいます。

代替サービスとして、Gmailなどのフリーメールなど、格安SIMが提供する独自のメールサービスを利用することになります。元々、使っていたキャリアメールを引き継ぐことができない問題は生じますが、gmailを代わりに使えば不便さは感じません。

LINEでID検索ができない

格安SIMはLINEのトークや無料通話は大手キャリアと同様に使うことができます。しかし、LINEで友だちを探したり追加したりする場合に使うLINEのID検索はできません。

ID検索を利用するには契約キャリアでの年齢認証が必要ですので、格安SIMではキャリアの年齢認証ができない仕様になっているので、ID検索ができずに不便さを感じます。

ただ、LINEを提供している会社が運営する「LINEモバイル」だけは、唯一ID検索が可能です。

格安SIMで友だちを登録したい場合は「ふるふる」や「QRコードリーダー」など使うしか手立てはありません。では、離れた相手はどうするか?ですが、QRコードリーダーから自分専用のURLを発行して、そのURLを相手に送るしかありません。

通信速度が遅くなる

格安SIMは、大手キャリアから間借りした電波帯域を使用して提供しているため、大元キャリアと比べると通信速度が遅くなることがあります。特に利用者が多いお昼の時間帯12時~13時頃は通信速度が1Mbpsを下回ってしまい、ゲームや動画に影響が出てきます。

しかし、混雑時間は多少スピードが落ちるものの、ネットサーフィンやSNSなどはスムーズに使えます。

家族割りや定額プランが少ない

キャリア契約では家族で同じキャリアを使っていると月々の料金が安くなる家族割りや、電話がかけ放題になる通話定額プランがありますが、格安SIMには家族割りがありません。

そもそも、格安SIMは月々の料金が安いので家族割の必要性は感じないので、それほどネックになる問題ではないでしょう。逆にこれ以上の値引きようにのないくらいの料金となっています。

家族間の電話がかけ放題になどのサービスもないので電話代が掛かる懸念もありますが、これはLINEを使えば無料通話できますので心配ありません。

故障時のサポートが薄い

キャリアでは全国各地に店舗がありますので、契約プラン変更、スマホの操作についてや端末の不具合などの修理受付などを窓口で相談することができます。それに対して、格安SIMは窓口がありませんので、MVNO会社にメールか電話をして問い合わせするしかありません。

契約プランの変更はマイページから自分でできますが、操作が分からない場合はネット上の情報や説明書などを見て自分で調べるか、メールか電話で聞かなければなりません。

スマホは携帯するものですので、いつ落として画面が割れてしまうか分かりません。そんな時、キャリアであれば店舗に行けばすぐに代替え機を用意してくれて修理受付をしてくれますが、格安SIMの場合はSIMのサポートと端末は別々になるため、故障した際にはメーカーに直接連絡をして、修理依頼をするか新しく買い替えなければなりません。

ただ、最近のSIMフリー端末は2万円でも全然使える端末が出回っていますので、修理代に中途半端にお金をかけるくらいなら新しく買い替え方が良い場合もあります。

初期設定は自分で全部行う

キャリアであればスマホの開通手続きは店舗の店員さんが全部やってくれますが、格安SIMの場合はSIMカードの差し込みから、ネットの開通手続きまで全部一人でやらなければなりません。

ただ、開通までの手順はSIMカードとともに送付されるので、気にする必要はありません。手順も簡単ですぐに終わります。

クレジット決済のみの会社が多い

格安SIMの料金の支払いは多くの場合クレジットカードが必要です。クレジットカードを持っていない方は格安SIMを契約できません。

ただ、mineo(マイネオ)やBIGLOBE SIMなど、一部MVNO会社では口座振替に対応しています。