SIMとは?

SIMカードとは、スマートフォン、タブレット、携帯電話、モバイルWi-Fiルーターなどの中に入っている小さいICカードのことを指しています。 LTE・3Gといったモバイル回線を使ってインターネットや通話をするには、このSIMカードが必要です。docomo、au、SoftBankなどのマートフォンにも、はじめからSIMカードが入っています。

SIMって何の略?

SIMカードは、「Subscriber Identity Module Card」の略です。名称のとおり、回線契約のSubscriber(契約者)をIdentity(識別)するために必要となります。

日本語では、「加入者を特定するためのカード」のことです。つまり、個々の携帯電話番号に1対1で紐づけされたICカードを指します。現在の携帯電話のほとんどは、このカードがないと、電話やデータ通信ができません。

ドコモ、au、ソフトバンクの携帯電話にも、SIMカードが挿入されています。このSIMカードを格安で、ユーザに提供している通信事業者が、MVNOと呼ばれる会社です。

MVNOって何?

「MVNO」は、「Mobile Virtual Network Operator」の略です。日本語では、「仮想移動通信業者」のことです。「移動体通信業者」(これはMNOと言います)は、キャリア「ドコモ、au、ソフトバンクなど」のことを指します。もちろんキャリアは、通信サービスを提供するために、基地局やアンテナなどの回線設備を保有しています。

これに対して、「仮想移動体通信業者」(これはMVNOと言います)は、自前ではほとんど設備を保有しておらず、移動体通信事業者であるキャリアから通信インフラを借りてサービスを提供している会社のことです。

つまり、MVNOは、キャリアにお金を支払うことで回線を借り、通信サービスをユーザに提供しているので、MVNOは正に「仮想」と呼ばれているわけです。

2001年に、日本で初めてMVNOが設立されましたが、その時はPHS回線でした。その後、2010年頃から各社相次いでMVNOに参入し、現在では多くの事業者がMVNOとして、サービスを提供しています。

SIMには3種類のサイズがある

SIMカードには大きさが3種類あり、「標準SIM」「microSIM(マイクロシム)」「nanoSIM(ナノシム)」となっており機能的な 差はありませんが、単にサイズが違うだけです。携帯電話(スマホ)によっていれるSIMカードのサイズが異なります。

それぞれのスマホによってSIMサイズが違いますが、一番小さいnanoSIMであればアダプターを使うことでmicroSIMや標準SIMの大きさにして使うことが出来きます。

SIMカードは電話番号を特定する?

SIMカードとは、電話番号を特定するためのICカードです。ICカードとは「ICチップが埋め込まれたプラスチックのカード」でICカードは小さなコンピュータです。この小さなコンピュータで電話番号を特定して、電話やメールができます。

SIMカードは携帯やスマートフォン、タブレット、Wi-Fiルータなどに入っています。SIMカードを差し替えて、他の端末(スマホ等)を使ったり機種変更をしたりできます。

格安SIMカードとは

格安SIMカードとは、MVNO(仮想移動体通信事業者、Mobile Virtual Network Operator)と呼ばれる事業者が大手通信キャリアに比べて低価格で提供しているSIMカードのことを指します。

ドコモやauやソフトバンクでスマホを買えば、スマホを買うと同時に、SIMカードもそのスマホの中に入った状態で手渡されます。それに対して、格安SIMは、ドコモやauやソフトバンクなどから渡される通信料が高価なSIMカードではなく、ドコモもしくはKDDIなどから回線を借りた業者(MVNO)がドコモやauやソフトバンクなどと比較して低価格で提供しているSIMカードのことです。

この格安SIMを一定の「条件」を満たしたスマホやタブレットに挿入して設定を行うと、ドコモもしくはKDDIの通信回線を通じてデータ通信などが可能となります。

格安SIMはなぜ安い?

格安SIMが安いのは、提供するサービスの内容を利用者に合わせて、コストのムダを省いていることで実現しています。大手携帯電話会社のサービスは、月間7ギガまで高速なデータ通信を利用でき余裕がありますが、実際使っている人は月に1ギガ以下の容量があれば済む利用者も多いです。

一方で、格安SIMを提供する会社は、「通信速度、高速で通信できる容量・時間などを利用スタイルに合わせて最適化してサービスを作っているので利用者の実態に合わせて高速通信できる容量を設定し直すことで、低料金を実現しています。

大手携帯電話会社のサービスを基準にすると、速度や容量に制限が加えられていますが、利用スタイルに合えば割安で使うことができます。

また格安SIMを提供する各社は、主にドコモの回線を借り受け、通信サービスを提供しています。つまり、回線をはじめとする通信設備を自社で用意する必要がないため、安い料金で通信サービスを提供することができます。

格安SIMはキャリアメールが使えない

ドコモやauやソフトバンクなどの大手キャリアは提供されるメールアドレス(@docomo.ne.jpや@ezweb.ne.jpや@softbank.ne.jp)などがありますが、格安SIMは提供されるメールアドレスがありません。

その為、代わりに「Gmail」「Yahoo!メール」など無料メールのアドレスを用意して使うことになります。